店番2人の日々の申し送り帳
食堂いちじくまでの道のり[尾崎史江]
2014年CQ JAPAN記事より転載

尾崎史江

GQに関する記事ページです。
精進料理やケータリングを基本に料理と関わっている自然派の料理家。
目黒通りにあるホテル、カフェ、ショップ、ギャラリーからなり、
リノベーションホテルの代名詞とも言われる「CLASKA」。
その2階にあるライフスタイルショップ「CLASKA Gallery&Shop"DO"」が新たに展開する食堂「DO TABELKA」で
フードプロデュースを担当している。
ポーランド語でテーブルを意味するこの食堂のディレクターが、
奈良にある雑貨店「くるみの木」の展示会オープニングパーティで尾崎史江が担当したフードに惚れ込んだことから実現した。
日本橋COREDO室町3階にオープンした「DO TABELKA」では、
旬の食材の秘める力を活かすことをモットーとした尾崎史江によって、
毎日食べても身体に美味しくて飽きないものが提供されている。
ごはんに汁物、主菜1品と副菜2品という一汁三菜でメニューを作ることを掲げており、
車麩や高野豆腐などの植物性のものを主菜に置くなど、身体への負担を考えた優しいものを心がけている。
商店街を歩いて帰る途中に寄るような、気取らないリラックスしたカフェとして、
「丁寧に正直に無理はしないで食を楽しむ」空間に相応しい、まさに「今をどう食べるか」を提唱する料理家である。
_____________________________________________________
364では5月19日(日)に
尾崎史江さんのお食事会を予定しております。
お席は各部、若干の人数の受付が可能でございます。
お申込みをお待ちしております。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
↓下記の写真は紹介制お弁当ケータリングのお仕事の際のひと箱です
イベント - -
尾崎史江さんのお食事会

5月19日(日)

2部制でのお食事会開催予定の

尾崎史江さん。

 

364では小どらの販売でいつもお世話になっておりますが、

実は紹介制でのケータリングではじめて知り合いました。

その時のお弁当がとっても美味しくて、色々とたずねると

お菓子を作ったり、メニュー開発などのお仕事もされていると

お聞きして、興味津々でした。

話せば共通の知人も多く、色々と話している間に364で何か始めてみては、、という

運びとなり、まずは昨年末の小どらの販売がスタートになりました。

 

今回、お弁当があんなに美味しいのだから、作り立てはさぞかし美味しく頂けるのではと

贅沢なお食事会として、

本当に尾崎さんがやってみたいことやってみたらいいのでは?と

話し合い、精進料理を自分流に提供出来ればという考えになりました。

 

皆さんとも尾崎さんのおいしいをわかちあえればと思います。

狭い店内ではありますが、ゆっくりとおいしいの時間を味わって頂ければ

嬉しく思います。

 

お申込みは下記の内容で、info@sanrokuyon.comまで。

 

 

 

イベント - -
尾崎史江さんの「小どら」ご予約について

小どらのご予約は4月8日(月)の時点で

販売数に達しましたので、

予約受付を締め切らせていただきました。

ありがとうございました。

 

 

イベント - -
尾崎史江【小どら】販売会

小どらのご予約は4月8日(月)の時点で

販売数に達しましたので、予約受付を締め切らせていただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

4月21日(日)尾崎史江さんの焼菓子【小どら】の

販売会を致します。

数に限りがございますが、

4月8日(月)12時〜15日(月)19時まで、

メールのみでご予約を承ります。

ご予約数が販売数を上回ってしまった場合、当日販売分は無しになりますので

ご了承くださいませ。

またご予約のお客様にはお手数ですが、お引き取りは21日(日)12時〜19時までに

西荻窪364にご来店頂ける方限定となりますのでよろしくお願い致します。

 

当日の販売分の有無につきましては18日(木)こちらのブログにてお知らせをさせて頂きます。

 

____________________________________________

 

小どらは生地皮に小麦粉に玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など

自然の甘みを使用し、香り高くしっとりふんわりと焼き上げた和菓子です。

餡は北海道洞爺産の小豆、白小豆にこだわり使用。

季節のお味を入れて4種×各2個入の一箱です。

 

 

尾崎さんからは今回の一箱にはこのような内容で

お愉しみ頂けたらとのお言葉をいただきました。

 

 

 

今回の小どらの詰め合わせは、黒あん、白あん、

干し柿ブランデーバター、干し芋バターの4種です。

 

プレーンな黒あん白あんは、

生地とあんの相性をシンプルに味わっていただく一品。

ブランデー漬けにした山形の農家さんの自家製干し柿は、

白あんと醗酵バターの組み合わせで品の良い大人の味に仕上げました。

ねっとりした口どけのよい美味しさが後をひきます。

 

本場、茨城:ひたちなかの干し芋は「いずみ」を使用、

白あんと醗酵バターの組み合わせです。

はっとするようなさつま芋らしい個性の強い風味が、

どら焼きを引き立ててくれます。

 

「干し柿」「干し芋」の秘める魅力を

皆さまにお届けできたらと思います。

          

              尾崎史江

 

 

____________________________________________

原材料
 皮 小麦粉、卵、玄米甘酒、黍砂糖、白味噌、牛乳、白玉粉、水飴、太白胡麻油、重曹
 あん 小豆、白小豆、ビートグラニュー糖、干し芋、干し柿、醗酵バター、ブランデー

 

 アレルギー表示
 卵、乳、小麦

 

お日持ち:3日間(4月23日まで)

 

価格:2000円(税込)

____________________________________________

 

多くの方々に尾崎さんの小どらを知って頂きたく、

定期的に販売会を続けられればと思っています。

季節のお味が巡り巡る楽しみも。

是非、ご賞味頂けたら嬉しいです。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

ご予約はこちらをご確認ください。

 

ご予約メールアドレス:info@sanrokuyon.com

 

◯お名前

◯お電話番号

◯メールアドレス

◯ご希望の個数

をお知らせください。

 

※お申し込みのお返事は3日以内に致します。

メールなどの不具合でお返事が送れないメールアドレスもありますので

お返事が3日以内に届かない場合は、申し訳ございませんが再度ご連絡を頂ければ

有り難いです。

 

 

 

イベント - -
Fermentation茂木恵実子×METZGEREI KUSUDA楠田裕彦「1枚のおいしいハムさえあれば」

4月始めのイベントのお知らせです。

 

Fermentation茂木恵実子さんの

パンの販売会

「1枚のおいしいハムさえあれば」

4月7日(日)am 9時より

 

お愉しみに。

 

 

*お知らせの注意事項を良く読み、気持ちよくお買い物頂けるようご協力をお願い致します。

イベント - -
23日(日)今日も小どらの日です。

 

お日持ちは3日間となります。

クリスマスの集まりにもいいですね。

 

 

 

 

 

イベント - -
22日、23日は[小どら]の日。

22日の販売に加え、23日明日も販売することになりました。

一箱に8個。

どら焼きの皮は玄米甘酒、白味噌、黍砂糖などの自然の甘味を使用し

香り高くしっとりふんわり焼き上げています。

お味は、プレーン黒餡、プレーン白餡、杏バター、酒粕生地の白味噌バター、4種を各2個で詰合せ致しております。

 

パクパクと食べれちゃう小どら。

年末のご挨拶に好適です。

 

 

イベント - -
21日はムラヨシマサユキさんのアップルパイの日でもあります

 

 

_____________________

 


本日はこちらも。
18cmのホールで、
立派な三個の林檎がぎゅーっと入ってます。


※写真はムラヨシさんからの借用です

イベント - -
kegoya柳沢くんの十割蕎麦本日21日より販売です


買い置き必須。 本日届いた山形小国kegoya柳沢悟さんのお蕎麦。
一昨年十割蕎麦を販売し、その美味しさは噂になったのですが、昨年は不作や害獣などの影響で二八蕎麦に。それでもおいしかったのですが、今年はなんと豊作!
ぷくんと育った蕎麦の実を香り高く乾蕎麦にしてます。
柳沢くんからは今年のは絶品。蕎麦湯はトロトロでした!と
聞いて、明日からの販売の説明のために(なのか?)、ひとまず今晩の食事は蕎麦。 これ、おいしすぎますよ。
十割蕎麦なので、お湯はたっぷりと入れて茹でて、との教えを守ってますが、
最後の蕎麦湯はとろとろ。
あー。体あったまりました。
試食と思って小鉢サイズで蕎麦をゆでましたが、おかわり茹でして、二杯。。
そこで、柳沢くんから連絡入り、「そば湯は余ったら煮詰めて冷やすと豆腐みたいで美味しいですよ!」と。これ初めてレシピ。こんどためしてみまーす。
こちらの蕎麦は21日からの販売です!ちょっとしたご挨拶の贈り物にも!柳沢くん、美味しい蕎麦をご馳走さまでした。
また同時入荷としてkegoyaからは白米切り餅も届いています。是非合わせてお味見していただければ嬉しいです。

イベント - -
16日「師走のおもたせ、冬支度」入荷のお知らせ



◯尾崎史江さんの小どら 手のひらにすっぽり収まるサイズの小ぶりのどら焼き。 皮は玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など自然の甘味を使用し、香り高くしっとりふんわり焼き上がってます。 あんは、北海道洞爺産の小豆と白小豆を使用し味わい深い素材の良さを生かした味にじっくり丁寧に炊き上げています。
今回、364ではさまざまなお味の詰め合わせを一箱に。
お茶請けに、また年の瀬、お世話になったあの人へ喜ばれるものとなりそうです。
(Instagram:ko_do_raより写真、文面、転載)
イベント - -
| 1/42 | >>