店番2人の日々の申し送り帳
勢司恵美さんの竹カゴ。
 

先日、竹編み職人:勢司恵美さんの自宅を訪ねました。

彼女との出会いは、年に一度、私達が訪ねる福島:会津の工人祭。
ここ数年この市に出続けているという勢司さんの竹カゴの作品を見て、
丁寧に編まれたそのひとつひとつの作品に引きつけられました。
きれいだけではなく、きちんと備えられた用の美。
根底にある技法がきちんとカゴの面持ちに見えるところ。

私達はそれぞれの自宅へと持ち帰り、そのカゴを使ってみることにしました。
我が家の道具として毎日の用を足してくれるカゴ。
月日が経ってもたわむことなく、がしっとフォルムが崩れることなく
面持ちも変わらない。
変わったことといえば、経年変化で風合いを増した竹の
清々しい色味が、落ち着いた色味となっていい風合いになったこと。


今回、勢司さんのご自宅で見せてもらったカゴの数々。
一番上のカゴは、勢司さんご自身が、もう数年毎日のように使っているというカゴ。
竹の表面を磨きにかける具合で、こっくりとした色合いに早くなったり、
黄金色の竹の良き色を保ち続けたり、ということを計算して
編んでいるのだとか。
形もそのシチュエーションを思い浮かべながら、
その最善の竹の道具の役割を果たす編み方、素材の配置を考えるという。
編み立てのカゴは青竹のさわやかさも楽しめるから、
年月かけて色んな顔を楽しめるという訳なのです。

しかしながら編み上げるまでの材料の確保は大変な作業。
竹の伐採や切った竹を車に乗せ、搬送。
大変な思いをしても竹が腐ってしまったりすることも。
泥落しから、裂き、磨き、面取り…とてつもない作業の数々を勢司さんは一人でこなします。
全てをこなす大変な行程を考えると途方に暮れちゃいますよね。

勢司さんに、何で竹編みを生業として、選んだの?と聞くと、
竹にこだわらず、作り出すものなら何でも好き。
でもその中で竹を素材に選んだのは、材料が自然であること、
土に返ること、身近に昔からあった竹林から取れるし、
材を採ることで土地が活性されるということかな。
また、地元の竹編のおじさんが、いなくなりつつある今、
この編み方や技法をどうにか絶やさず、
この地元の場所で残し続けたいという気持ちになったのだとか。

九州で基礎を学び、安定した編の技術を取得。
九州は別府や湯布院といった竹の産地でもあるから、後継者は少なからず
誰かの手によって受け継がれるはずのもの。
自身の地元の職人さんは今日明日、いつ辞めてしまってもおかしくない状況の中で
同じカゴ編みといっても東と南ではカゴの形や編み目などもかなり変わるし、
年中行事に必要な竹細工や地元の編技法を早く仕えたいという想いで
茨城に戻ってきた、という。


「私の地元では5月の節句のときに、鯉のぼりの矢車の変わりに竹細工の珠を付ける習わしがあるのね。今年は、じいさんがお前にまかした、というから初めて受けて作ってみた。
数個しか作れなかったんだけど。仕上がりもじいさんに比べたらまだまだ。」

上の写真は勢司さんが作ったものではありませんが、
素敵な竹珠ですよね。こいのぼりも元気よく竹珠に向かって泳いでいるよう。
茨城県のこの地域だけ矢車を、このような竹細工で仕立てる風習があるそうです。
小さな珠は12カ月の暦を表すそうな。。

勢司さんの作業場にもこのおおきな竹珠と暦の小さな珠がオブジェのようにありました。
まだまだという勢司さんでしたが、とてもきれいな編み珠の竹でした。
初めて作業場で見た珠に私達は圧巻。
写真では小さく見えますが、抱えきれないほどの大きさなんですよ。
その技術に感激したと同時に、この地元の節句の伝統が
勢司さんの手によって、絶えなくなったということが
すごいことだなあと思い胸に響きました。


カゴ編みはとても楽しいと勢司さん。
「いっぱい、編みたい形はあるけれど、教わっておきたい形もたくさんあるから。」
これからも勢司さんのカゴは、生活に根付いた
暮らしの形となって、伝承をふまえ、使いやすい形へと考え、
幼いときから気づかぬうちに身の回りにあった懐かしいカゴを
今に、先にと作り続けるのだろうな、と思いました。




今回、数は少ないのですが、364でも勢司恵美さんの
竹カゴの取り扱いをしております。
がっしりと丈夫で、使いやすい美しいカゴです。
是非、お店に来た際には、お手に取ってみてくださいね。
◯四つ目かご
34×30×17(cm)   11800円


◯たらしかご
32×30×6.5(cm) 10800円


◯鍋敷き
直径20cm  2160円

__________________________________________




【5月の展示会】


 
道具のこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>